「ICTドリームスクール」実証実験レポート

総務省が平成26年度から実施している「先導的教育システム実証事業」の実現にむけて行った「ICTドリームスクール実践モデル」。
そのひとつにシャープの「不登校や学習に困難を抱える児童・生徒へのリメディアル教育モデル」が採用され、実証実験が昨年末に行われました。

TeleOfficeは、このシャープの実践モデルに、遠隔地を繋ぐコミュニケーションツールとして参加。
BIG PAD(大型電子黒板)や、現在商品化を進めている4K-eDESK(商標登録申請済)を媒体にして、他校同士の交流授業や不登校児童の他教室からの授業参加をサポート。

操作や音声など改善すべき指摘もありましたが、ライブ(録画ではない生の状況)効果による参加者の意欲向上など評価も多数いただきました。

▼関連記事
総務省:「ドリームスクール実証校 実施計画」(PDFファイル)
総務省HP:「報道資料:平成27年度「先導的教育システム実証事業」成果発表会及び「ICTドリームスクール実践モデル」成果発表会の開催」

ぜひ一度、TeleOfficeをご体感ください。

気軽に体験!
無料デモンストレーション

ご訪問では、PC・タブレットを使用したWeb会議を体験。ショールームへのご来社では、大型ディスプレイを含めた各デバイスでご体験いただけます。

所在地によりご訪問が出来ない場合もあります

気軽に体験!無料デモンストレーション

お申し込み簡単!
無料トライアル

トライアル発行数は最大10接続まで。期間は2週間。操作方法などのご質問は、営業・コールセンターがサポートいたしますので、安心気軽にお試しいただけます。

お申し込み簡単!無料トライアル

ページの先頭へ